レッスンタイム

通園生たちは、日中にいろんなお勉強をしています。

入園当初は「おすわり」もできなくても、

ひとつひとつ学んでたくさんの指示を習得していきます。

集中!

集中!

ようちえんで教える基本の指示は6つあります。

レイくん(MIX)にお手本を見せてもらいましょう♪

おすわり

おすわり

「おすわり」は、一番初めに教える指示です。

簡単なので、レッスンに興味を持ってもらい「お勉強って楽しい!」ということを伝えます。

ふせ

ふせ

「ふせ」を教えることで、落ち着くことを学ばせることができます。

特に子犬の頃は、ず~っと動き回っていますよね…笑

たって

たって

「たって」は、座ったりふせたりしている姿勢から、四足で立つ指示です。

たまに、二本足で立たせると思われている方もいますが、違いますよ~。

まて

まて

「まて」は、目の前で待たせるだけでなく

指示を出す人が立ったり座ったり、まわりを動いたり、離れたりしても

その場から動かずいられるように練習していきます。

また、他の犬がまわりを動き回るなど、気になることがあっても

動かないように応用練習もしていきます。

できるようになるととても便利な指示です。

おいで

おいで

「おいで」は、何もない環境でできるようになったら

フードやオヤツ、おもちゃなどを使って

気になるものがあっても呼ばれたら来るように練習します。

また、他の犬と遊んでいるときでも呼び戻しができるように練習します。

つけ

つけ

「つけ」は、人とアイコンタクトを取りながらペースを合わせて歩く指示で

お散歩の時に使います。

難しい指示なので、レッスンが進みある程度集中力が養われてから教えます。

以上が、6つの基本の指示です。

ちなみに、お手本を見せてくれたレイくんは、まだ入園して5ヶ月なんですよ!

決まった人の指示には上手に応えられるようになったので

今はいろんな人の指示にも同じように応えられるよう、練習しています。

自分の犬が、半年後にはこんなにたくさんのことを学んでいると思ったら…

その可能性に、なんだかワクワクしませんか?♪

レイくん

レイくん、ご協力ありがとう♪

また、トレーナーと1対1で指示ができるようになったら

他の犬と一緒にレッスンする機会を作り、まわりに犬がいても集中できるよう練習します。

みんなで「まて」競争

「まて」競争

すももちゃん(ミニチュア・シュナウザー)、クーくん(チャイニーズ・クレステッド)、

OTTOくん(ミニチュア・ブルテリア)は並んで「まて」競争です。

誰が一番長く待てるかな?こうして競わせることも、お互いに良い影響をもたらします。

みんな友達であり、ライバルなのです。

この時は、5分以上待たせたところで誰もギブアップしなかったので

引き分けとしました♪

みんなでごはん♪

みんなでごはん♪

並んで食べさせると、ごはんやお皿を独占しない心を育むことができます。

また、他人のごはんを食べてはいけない…ということも教えます。

このように、1日を通していろんなことを学んでいる通園生たち。

共に生活しながら、その中で学習していくのです♪

「お勉強」と聞くと、難しいイメージかもしれません。

でも、犬達にとって新しいことを学ぶこと・できなかったことができるようになることは、

大きな喜びなんですよ!

広告